ロンドンのライブハウス / SCALA
East meets Westのオーガナイザーに招待され、初のライブハウスへ!
Kings Cross st.の近くにあるSCALAというライブハウスです。
BALKAN BEATBOXというイベントだったみたいなのですが、
ファンクポップで、民族色があり、無茶苦茶ノリの良い音で、
かなり楽しくなり、友達と踊り狂ってきました。(笑)

b0046388_21142592.jpg
最初のバンドは "Oi Va Voi"というユダヤ系、東欧系の民族色がある、
エレクトロポップロックバンド。
黒人のボーカルにギター、ベース、ドラム、バイオリン、
トランペット、それからクラリネットという構成。
b0046388_21185264.jpg
途中クラリネットの男がボーカルもやったりしてて、
アーティストも出たり入ったりを繰り返していた。
個人的にボーカル抜きの方が好きではあったけど、
やっぱ歌のスキルはかなり高いよね。
あと、バイオリンが結構クレイジーな演奏をしててツボ!

b0046388_2119518.jpg
つなぎのDJはちょっと歳の行ったおじさんがやっていたのですが、
CDJとMac(LIVEと言う音楽ソフト)を使いながらDJをしていました。
先日のクラブでのイベントもそうだったのですが、
こういう所に入っている人たちの年齢層がとにかく広い。
50〜60過ぎのお爺ちゃん?みたいな人が普通にスタッフしてたり、
表に出て色々と動き回っているのは日本とは全然違う。

b0046388_2124583.jpg
次のライブは二階のバルコニーからボヘミアンの歌から始まった。
生で初めてこういう歌を聴いたけどかなり面白いですね。
ホーメイやディジュではないけど、二人で微妙な不協和音を作り、
独特の空気感を作っていく。色んなテクニック?が織り混ざってました。
それを聴いていたら今度はステージ上手からバンドか客席になだれ込み、
一気にフロアが盛り上がって、フロアからライブスタート。
バンド名はBollywood Brass Bandというみたい、後で分かった。^^;
アンダーグラウンドという映画が昔ありましたが、あんな音楽。
ジプシーな感じでパワーがあり、どこか哀愁もあるものでした。

b0046388_21305387.jpg
この様子は少しデジカメで映像を撮ったのでこちらで見て下さい。
動画/Quick time

b0046388_21321031.jpg
VJも民族色溢れる動画を使ってやっていました。
が、マシーントラブルとかがしょっちゅうあり、
何度もno signalの表示が出てしまってた。^^;

まあ、とにもかくにもノリの良い楽しいイベントでした。
このイベントはUKだけでなく、ヨーロッパ各地や、
アメリカ、カナダにもツアーで回って居るみたいで、
イベントを完全にパッケージ化し、そのCDとかも出してたかな。
僕も自分のイベント・公演でツアーしたいと思っていたので、
実際にやっているのを見ると燃えてきますね〜。負けないぞ。(笑)

今夜もこれから先日のオーガナイザー達がやるイベントがあり、
多分そこへ顔を出しがてら遊びに行ってきます。
彼らはカンパニーとして音楽やイベントを色々とやってる見たいで、
来年の五月には40以上のバンド、ミュージシャンを集め、
かなり大きな音楽フェスを開催するらしいです。
まだ分からないけど、僕もそれに参加することになるかも?^^;
[PR]
by michiyuki917 | 2005-11-05 21:36 | LONDON
<< スロバキアのイベント ロンドンの美術館 / ROYA... >>