ニース【現代美術館編】
ニースの旧市街脇に現代美術館があり、そこは絶対行きたいと思っていました。

b0046388_1385812.jpg
b0046388_1391527.jpg
吸い込まれるような階段を上っていくと片方はホールで片方が美術館。




b0046388_14008.jpg
b0046388_140215.jpg
いきなり飛び込んでくる現代彫刻で一気に気分が盛り上がります。
Niki de Saint Phalleの不思議な恐竜が出迎えてくれました。
天気が良くて日差しが強かったらまた違った見え方をしたでしょうね。

b0046388_1425734.jpg
b0046388_1431442.jpg
b0046388_1434642.jpg
彫刻に見送られて建物の中へ入ると広い吹き抜けの空間になっていて、
向かい側のカラフルな絵の壁があるところがエントランス。
この絵もアーティストの作品で、他の面にも色々と描かれています。

さて入り口に入るが実は閉館まで一時間も無い。。。^^;
受付でチケットをお願いすると、
「学生証はある?」
「いや持ってないんだよ〜」
「まあいいわ、学割にしておいてあげる」
みたいな感じで4ユーロの入場料を2.5ユーロに負けてもらいました。w
日本人はこういうときに若く見られていいかもしれないね。
ロンドンでも何度か学生証を忘れちゃったとか言って負けてもらいました。^^;

b0046388_1455249.jpg
b0046388_149995.jpg
少ししか時間がありませんが、いよいよ中へ入っていきます。
順路を指示するサインなのですが、緑の矢印が可愛い。

ちなみに、この美術館はフラッシュを使わなければ写真OK!
何の気兼ねもなく好きな作品を写真に撮ることが出来るのは嬉しい。
でも実際に生で作品に向かい合うのと写真はまた別ですけどね。

b0046388_1501538.jpg
各通路や階段の先には必ず作品が壁に掛けられたりして展示され、
作品に導かれるように各展示室へ入っていけるようになってます。

b0046388_151381.jpg
最初の展示はいきなりChiristです。
勿論彼のヒュージュな作品は収められるわけが無く、
ここには作品を作る為のクロッキーやモデルが置かれていました。

b0046388_1533618.jpg
b0046388_154426.jpg
b0046388_1554235.jpg
b0046388_2113288.jpg
b0046388_2115720.jpg
b0046388_2581372.jpg
写真で伝わるかどうかわかりませんが、実際にビニールやロープ、
そういったものを使って立体的に描いています。
スケール感と質感とを同時に感じる必要があるのでしょうね。

b0046388_214952.jpg
次の展示室へ入っていきますと、ここはIVES KLEINの展示です。
イブクラインブルーといわれるような独自の青い色を創ってきた彼の作品。

b0046388_219332.jpg
b0046388_2195424.jpg
b0046388_2201988.jpg
b0046388_2204833.jpg
b0046388_2211031.jpg
b0046388_2213192.jpg
青を見せる為に他の色を使ったり、質感を操作したり、
青一色の世界の中に無限の広がりを探っていった様子を感じることが出来る。
ん〜、何時間でもこの展示室にいることが出来るかもしれないと思った。

b0046388_2235871.jpg
b0046388_2252514.jpg
b0046388_225492.jpg
b0046388_2261720.jpg
美術館の外にも有ったニキの彫刻や絵画といった作品。
とてもユニークで楽しく、見ていて飽きないですね。

b0046388_229075.jpg
アメリカのポップアート、現代アートも多数展示されていました。

b0046388_2294183.jpg
b0046388_230735.jpg
b0046388_2304366.jpg
b0046388_231563.jpg
b0046388_2314856.jpg
他にも良い作品が、良いセレクトで展示されていました。
ざっと写真で様子をご紹介しておきます。

b0046388_2333828.jpg
b0046388_23513.jpg
b0046388_2352434.jpg
そして建築にもアートが絡んでいて楽しませてくれます。
b0046388_2362050.jpg
本当はこの螺旋階段の上に屋上庭園があるのですが、ギリギリアウト。。。
警備員の人のサービスで階段の途中までは行かせてもらえましたが。^^;
何とか急ピッチで展示をざっと見ていくことが出来ましたが、
最低でも三時間は時間が無いとじっくり作品と向き合えないですね。。。
次回ニースへ来るときはまた学生と偽って入ることにします。(笑)

b0046388_2384948.jpg
建物の中から実は変なものを発見していました。↑

b0046388_2475851.jpg
こちらよく見ると人の顔の上にキューブをかぶせた状態で、
実は内部は普通のオフィスビルになっているそうです。^^;
ノエから「変なものが有るから見ておいてね」って言われていたものでした。

b0046388_2503016.jpg
美術館の庭も既に閉められてしまったのですが、
その柵がまた可愛らしいことを発見。ポップアートですね。w

なかなか質の高い美術館で、短いながらも見られて本当に良かったです。
惜しむらくばもっとゆっくりと時間を使って作品と向き合えなかったこと。
皆さんも計画的に時間を考えましょうね。^^;
[PR]
by michiyuki917 | 2006-02-03 02:32 | Interesting
<< ニース【その他編】 ニース【番外編4】カンヌ >>