ベジャールの「魔笛」
本日五反田のゆうぽうと簡易保険ホールへ行って来ました。
全体として思うことは、入り込めない。。。でした。

役者のスキルや、表現力は確かに素晴らしいのですが、
踊りがあまりにもバレエ過ぎてしまい、
踊る意味や、意図を感じることが難しかったです。
基本的に魔笛のオペラを全曲やっていたのですが、
音楽はカラオケを流してスピーカーから出していて、
方や舞台からはダンサーのステップを踏む音が生で聞こえる。
その生の音が妙に耳についてしまい、醒めてしまう。。。
この状態で舞台をOKして進めてしまったのは誰だ!?
バレエにしては前衛的な表現をしているのかもしれないが、
僕から観るとどっちつかずな感じで中途半端さが否めない。
せっかくの魔笛という素晴らしい題材が生きてなかった。
先日弟のミュージカルの舞台を観ても思ったのだが、
何を見せて伝えたいのかが分からないと言うか、
それを見せてもしょうがないだろ、ッというモノを出しちゃう。
バレエをやってます、ミュージカルをやってますって。。。

ベジャールが振りをつけた当時は斬新だったかもしれないが、
今それをそのまま見せるには無理があるのかもしれない。

最近日本だけでなく、ヨーロッパでも素晴らしい舞台を観て、
半端なモノでは物足りなくなってきているのかもしれないが、
チケットの値段が15000円〜と言うことを考えると、
見せ方、演出にはそれなりのモノが欲しい。。。

帰り際、多くのお客はそうとう満足して帰っているようでしたが、
何故か納得できず会場を後にする私だったのでした。。。
やはり、日本人は歌舞伎や水戸黄門のように、
お決まりを見れれば納得してしまうのかな。。。?
かなり期待していただけに、ちょっと残念でした。

なんか、かなり辛口なコメントになってしまった。
でもきっとこれは贅沢な悩みなんだろうな。。。
2004年06月25日
17:45


============================
mina
た・・・たかっ!

残念だったねー
でもmichiくんの「目がこえた」って事でしょ。
いえい。
2004年06月25日
22:43

============================
michi
あ、僕かなり誤解を恐れずに書いてしまったけど、
やはり海外から連れてくるだけはあって、
ダンサーのレベルとかは凄くて、日本では見れない感じですよ。
ただ、求めている物が無かったって言うだけです。。。

でも世界って言っても広いし、色々な表現や価値観がある。
人に見せるモノを作る上で、その辺のコントロールってのは、
一番難しくて障害になるし、逆に挑戦しがいがあるな。

取りあえず志としては、そういう意味で世界のアーティストに、
負けないで居たいとおもうのでありました。(笑)
いや、本気で先を行けるようになりたいな〜。頑張る!
[PR]
by michiyuki917 | 2004-06-25 11:04 | Review
<< 昨日 久々の雨 >>