ロンドンの美術館 / TATE MODERN
ロンドンで気になっているモノは沢山あるのですが、
そのうちの1つが美術館ですが、ロンドンにはやはり色々と有ります。
そんな訳でそろそろ見に行かねばな〜っと、先ず行ったのはテートモダン。
b0046388_8242750.jpg
b0046388_8252319.jpg
こちらの美術館の多くはフリーで入れるのですが、
企画展などだと別で料金が取られてしまうみたいです。
でもその場合も色々だけど、僕が今回覗いた時には2つの企画展があり、
それぞれ1400円位と、2000円位とちょっと高いんでないの?^^;
っていうことで、フリーのだけでも見ると結構有るので、企画展はパス。

さて、常設展の前にエントランスを入ると、先ず広い空間があるのですが、
そこにコンテンポラリーで馬鹿なスケールの作品がありました。

b0046388_8263187.jpg
b0046388_8273070.jpg
結構こういうシンプルで量や大きさで攻めた作品は僕の好みでして、
最初からちょっと楽しくなりました。っていうか、ここで映像やりたい。(笑)

企画展は作家ごとではなく、作品の時代だったり、手法ごとに分けて展示で、
その辺りは森美術館なんかと同じような感じだな〜っと思った。
基本的に美術館名に「モダン」が付くだけあって、1900年代〜のモノ中心。
また、絵画、彫刻、映像など、色々と有って結構楽しめます。
ピカソ、ウォーホール、ブランクーシなど、分かりやすいものから、
旧ソのポスターなども展示してあったりとかなり幅は広い。
ただ、それぞれの部屋では色々とテーマに分けてあるけど、
全体としてみると少し流れや時代や関連性も見えるともっと面白いのに。。。
あと、3階は改装中で来年の6月に生まれ変わるらしいです。
そしたらまたボリュームアップで見甲斐もありそうだね。
現時点では思ったほどのボリュームが無かったけど、それくらいをじっくり見るのは、
まあ悪くないかもしれないな〜。かなりでかい作りの美術館だけど、
それに対しての展示作品のボリューム感との差が結構あるかも。^^;

美術館がフリーというのは文化的な面で凄く良いことですね。
ベビーカーに子供を連れたお母さんも見に来ていたり、
小中学生位が来てたり、授業の一環で来ていたりと面白い。
日本は常設展でも高いお金を払わないと見れないから、
感受性の高い子供から遠くなっちゃうし本当に文化的な遅れをさらけ出してる。
人材をこれから育てていくなら、そう言う環境を先ず作って欲しいよね。

b0046388_8354611.jpg

テートモダンはテムズ川に沿ってあり、途中で川や対岸の聖ポールを眺めたり、
そこでお茶を飲んだりすることが出来ます。

b0046388_83425.jpg
b0046388_8344096.jpg
夜になるとまた一段と素敵な景色が眺められます。

b0046388_8375612.jpg
聖ポールとテートモダンを結ぶ様に、テムズに橋が架かっているのですが、
こちらがそのミレニアムブリッジで、なかなか現代的なかっこいい橋です。
帰りはテムズ沿いをロンドンブリッジ駅までブラブラと歩きました。

b0046388_8394852.jpg
駅に着くと駅名がおかしなことに。。。^^;
まあ、そのままにしているところがイギリス人っぽいか。(笑)
[PR]
by michiyuki917 | 2005-11-05 08:40 | LONDON
<< ロンドンの美術館 / ROYA... 近所にて >>