人気ブログランキング |
Resolution! 2006 / Dance観劇
ロンドンにはコンテンポラリー系のダンス学校で大きなモノが二つあります。
ひとつはLABANという東側にある学校、もう一つはセントラルにあるThe Place
今日はThe Placeの方へ。ロンドンを中心に活動する新たな才能を発掘する、
ダンスフェスの様なもので、1月から2月を跨ぐ6週間に105作品が発表されます。

今日行ったのは、mixiのロンドン在住者コミュで見つけた情報だったのですが、
玉川みなみさんという日本人のダンサーの方が踊るとのこと。
ちょうど良い機会なので、会場のThe Plece見たさもあり、いざ出発!

学校の一部に会場のThe Robin Howard Dance Theatreがあり、地下にはカフェ、
入り口のホワイエにはバーカウンターがあり、休憩中等には飲んだり喋ったり。
会場はICAのホールより一回り大きくて、300席ほどでシートは良い作りでした。
コンテンポラリーのダンスにはちょうど良いくらいの大きさかもしれないな。



さてこの日は三つの作品が発表されたのですが、最初のパフォーマンスは、
The Curve Foundation Dance Companyの'First Draft'という作品で、
振付はRui Lopes Gracaという人。
男女各三人ずつの計6人のダンサーで構成され、音はチェロの生演奏。
踊りの内容はクラシックバレエを崩した様な作品で、かなりバレエ色が強い。
加えて音楽がバッハの曲でよけいにクラシックなニオイを漂わせてしまう。
ダンサーの身体的な能力や振り付けはそれなりだが、正直眠くて面白くない。
一曲終わるごとにリセットされるように立ち位置を変え、また踊り出す。
丁寧に作っているのだろうが、どのシーンも同じに見えてしまい印象に薄い。
どうも西洋のコンテンポラリーのいやな部分を見てしまった感じだった。
最近こういった舞台で、普段聞いたことのある音だとそれでがっかりする。

次に日本人ダンサーの玉川みなみと黒人女性の2人での踊り。
タイトルは'Incide'で振り付けは'Laura Dredger'という女性。
後で聞いたのだが、3人はLABANで同期の仲間らしく、衣装もLABANの人。
最初下手前にうっすらと光が入り、玉川が1人でうごめくように踊り出す。
前の作品のバレエ的な作品とは打ってかわり、ゆったりと重たい空気を作る。
音楽も女性の声と重低音を構成したモノを使っていたのもある。
重たいというのは空間の重力を感じるという意味で、その上に質感もある。
これには良い意味で玉川の日本人的な感覚が大いに反映されていると思うが、
バレエ的な流れ、広がりとは反対に、収束していく感じが面白い。
下手の踊りを見ていて程なくすると上手に手足の長い黒人ダンサーが現れ、
やはり玉川の様な動きで踊り出すのだが、全く質が違って見える。
こういったダンサーが自然に持ってしまっている特性が有ると思うが、
かたや人間の持つ野性味や重力感、一方は動物的なしなやかさと軽やかさ。
こういった違いを上手く再構成して見せていた。
音楽も作品のイメージ作りにかなり貢献していると思ったが、
低音がきつすぎるのか音が割れたりして、作品と馴染みきらないのが惜しい。
わざと音を割らせていたらしいが、全体の空気作りとしては失敗だと思った。
音響がもっとしっかりして、ダンスと音の位相が合っていると良かったのに。

最後の作品はSeasonsの'from the depth of space'という作品で、
振り付けはSlike Wiegand。モチーフはなんとフットボール(サッカー)。
公演のプリントを読んでいて、これはおふざけな感じのダンスかと思った。
しかし始まってみると確かにサッカーの要素でユーモアを感じさせるが、
ちゃんとダンスの作品として仕上げ、内容としてもかなり面白かった。
単純に奇をてらった面白さというのではなく、ダンスとしての構成や、
空間の中でのダンサーのつながりなども綺麗に見えてくる。
途中、ちょっと狙いすぎかな?っと思ってしまったところも有るが、許せた。
この作品で一番面白かったのは音で、音の質とダンスの質との戦いがあり、
空気にも緊張感や質感を十分与えられていた。
ちなみに音をやっていたのはGregor Knuppelという人でした。
suaraの種子田さんやさとうじゅんこさんではないが、面白い質の音だった。
こちらでこういうのに巡り会えるとは思っていなかったので、良かった。

こういった若手の振付家がこれだけ一同に集まるモノはなかなか無いが、
この量を全てはまず観られるはずも無くもう少し絞ってくれても良いかも。^^;
でも今月の18日までやっているので、また見に行ってみるかもしれない。
木野彩子さんという女性ダンサーもこのシリーズで1/19に踊っていたのだけど、
ニースへ行く時期とちょうど重なってしまい、観ることは叶いませんでした。

ちなみに、明日はミュージカルの「レ・ミゼラブル」を観てきます。w
by michiyuki917 | 2006-02-09 10:31 | Review
<< Amazonで買えるみたい。 久々に風邪? >>