Presentation and performance at Le Cube
b0046388_20245031.jpg


It was a my first visiting in Paris and first presentation at art museum.
いよいよやってきました、初パリ、美術館での初プレゼン、天気は快晴!
会場はパリ郊外にある「Le Cube

b0046388_20354548.jpg
この美術館はメディアアート方面に特化した美術館で、この頃は日本のアーティストに焦点を当てたエキジビジョンをしていました。
b0046388_2036739.jpg
美術館としての機能をベースに教育的な部分にも力を入れていて、子供用のコンピュータルームやワークショップルームもあります。小さい子だと3歳くらいからここでコンピュータを触っているらしいです。いったいその子は将来どうなるのでしょうね?
それにしても、子供部屋はデコレーションはじめ色々と可愛かった。w
b0046388_20362474.jpg
この左側は子供ルームで、右側は大人向けのワークショップルームです。
レジデントシステムも持っているらしく、ちょっとお願いしようと検討中。

b0046388_2043574.jpg
さて、美術館見学を終えたところで、準備を進めていきましょうかね。
実はこの日最後にやる予定だったのですが、他のアーティストの到着が遅くなるため、最初になりました。あらら、余裕で構えていたのに。。。^^;

b0046388_2045695.jpg

さて、一応ほぼ準備完了。前日の夜中にパワーポイントでプレゼン用のデータを準備しておきました。結局明るくなるまで作ってしまったけど、こういった本番前は暗い時間に寝た記憶が無いな〜。逆に早く寝ると不安になってしまうんだよね。(笑)

b0046388_20464876.jpg
本番前のひととき、美術館スタッフや他のアーティストと談笑。でも内心はプレゼン前でかなり緊張していました。^^;



b0046388_20492370.jpg
b0046388_20511354.jpg1番手というのは本当に緊張するね。しかも英語でプレゼンせねば。。。実は美術館側にそれ程英語は得意ではないので一応誰か日本語からフランス語へ訳せる人がいたら呼んでおいてもらいました。でもこういうプレゼンは本人の口からちゃんと伝わる言葉で喋らないとお客に感じてもらえないので、極力英語で頑張りました。
b0046388_20514451.jpg一応僕が学生時代(大学)からどんなことをしてきて、どういう経緯で現在に至ったかをざっと話していきます。

b0046388_20523449.jpg映像を他のVJとは違い空間的に扱う手法。それは何故か。

b0046388_20531632.jpgクラブだけではなく色んな場所で活動している様子。パブリックな場所で普段こういったモノに触れない人と接点を持つことの大切さ。特にクラブはアンダーグラウンドだしね。

b0046388_20543942.jpg時折、写真だけではなくビデオ映像でも説明していきます。僕もそうするとちょっと喋るのを休むことが出来ます。はあ〜。

b0046388_20553886.jpgそして映像だけでなくオーガナイズをしていることも説明。東京のスパイラルホールで公演したconsciousについて。映像側から空間や音を構築していくことの面白さ。トータルでの世界観創り。

b0046388_20583857.jpg
b0046388_2057943.jpgそしてこの日はそのconsciousに出演してくれたミュージシャンに曲を借り、メドレーにしてミニconsciousライブでデモンストレーションすることにしました。
実際のライブの模様は後日ハイライトにしてアップしますね。

b0046388_2059303.jpgライブのセッティング中、どういったセットでやっているのかを説明。複数人でやるVJも居ますが、基本的に僕は1人で通常パフォーマンスしているので、一度に多くの事をしなくてはいけません。

b0046388_2104261.jpgconsciousでは最後に登場した「no.9」から入りました。

b0046388_2121787.jpg
b0046388_2123453.jpg
b0046388_2125449.jpgそして2番手は「NovoTempo

b0046388_2135744.jpg
b0046388_2141863.jpg当然だけど、超真剣です。^^;

b0046388_215628.jpg次に「ISANOID
徐々に乗ってきました〜。

b0046388_2175952.jpg最後に「mjuc

b0046388_2184874.jpg
b0046388_2191065.jpg1人であわただしく映像をコントロールしていきます。終わってから美術館のキャロリーヌも色々と操作している様子が面白かったと言ってました。しかし普段あまり直接的に視線を浴びないのに、こういう場所で僕とその映像にしか焦点が集まらないという緊張感。^^;
b0046388_2192829.jpg
b0046388_21122196.jpg新旧の映像を織り交ぜてミニライブが進みます。途中知り合いの写真家の写真も交えたりして、世界観を構築していきました。

b0046388_21131687.jpgこうして無事プレゼンとライブは終了。「次回は実際に空間映像で皆さんにお見せしたいです」と付け加えました。その後、色んな人から実際にそれを体験してみたいので、是非いつかパリでやって欲しいと嬉しいコメントを沢山貰い、俄然やる気が出てきました。(笑)


b0046388_2115432.jpg僕の次にはThe Photon ShepHerdsというロンドンをベースにしたアーティストユニットの番。デザイナー、CGアーティスト、映像アーティストなど、色んな力を持った人が集まったチームです。普段1人で活動する僕とはまた全然違ってきますね。彼らは制作してきたPV等を中心にプレゼンし、今回は一番VJらしいミニライブをしてくれました。

b0046388_21183873.jpg最後はドイツ在住アーティストのStefan Land rock
彼はWebを初めとしたFlashに特化したアーティストで、彼の制作してきたサイトやFlash、web技術の可能性について話していました。僕もFlashをもっと使いこなせるようになりたいな〜。って、勉強しろ!^^;


そんなこんなで僕のプレゼンテーションとパフォーマンスは無事終了。一応今後の可能性も色々と広げることが出来たのではないかと思っています。来年はここでconsciousが出来ると良いな〜っと思っています。その為にも益々頑張らなくては!
[PR]
by michiyuki917 | 2006-06-22 21:22 | Reports
<< To Germany I'll be in ... >>