夜風に誘われ
夜になると遠くにある波の音を感じ、浜へと誘われる。
月を見るとその光をもっと近くで確かめるために浜へ出る。

逗子の海岸では今年20年で3度目という海亀の産卵が確認された。
おそらくあと数週間、次の新月、大潮の時あたりに孵化し、
海へと戻っていくのだろう。
夜の海岸へ出ると、毎回この産卵場所を訪れる。

逗子の海岸はこの時期人も多く、決して綺麗ではない。
時には少し潮以外の臭いも混じり、それは僕を幻滅させることもある。
そんな海になぜこの海亀は産卵場所として選んだのだろう?
もしくは何に引き寄せられ、上陸したのか。

都会から1時間ほどのところにある、この浜辺だが、
夜の良い風が吹く時には、特に静かな力を感じさせてくれる。
ときにはその力に誘われ、夜の海へ入っていくこともある。

先日は月の光が静かな水面に輝き、
遠目には夜光虫が水中で乱舞しているようでもありました。
幼い頃に伊豆の海で夜泳いだ時に体験した感動を呼び起こした。

誰のためでもなく、誰しものために、そこに「ある」。
あまりにも意図的されたものが多く、がんじがらめなこの国にいて、
そうした、ただあるだけの姿というのはとても強く優しく感じる。

自分がその自然と完全に溶け合うことを願う夜。。。
[PR]
by michiyuki917 | 2007-08-02 11:43 | I think
<< Turtle a shell >>