人気ブログランキング |
カテゴリ:Review( 46 )
華氏911
そういえばこの間の映画の日(1000円の日)に、ちまたで話題になっている(のか?)「華氏911」を見た。

監督をしたマイケルムーアの「ボーリングフォーコロンバイン」もだけど、アメリカ人の体質、世界の縮図をわかりやすく描いていた。カンヌの委員長が「作品として面白いから賞をやったんだ」っと言っていたけど、作品というよりも、これを描ききったことに、かなり意味があるよう様に思う。脚色されている部分も多いと思うけど、ものすごいアメリカとブッシュ叩きをしていて、よく命が無事だと思う。(笑)これだけみて、アメリカが悪いとか、イラクは悪くないとは言えないし、テロリズムとアメリカを語れないけど、少なくとも色々としっかり検証させる必要を迫らせている映画だ。

この映画はアメリカを滑稽に描いていた映画だったけど、日本をこういう描きかたしたら、もっと滑稽だと思う。本当に馬鹿みたいな体質、理屈、社会構造。どれを取っても笑えるネタにはつきないだろうな。^^;
アメリカは大統領をはじめ、色々とおかしい?と思ってたけど、日本にそれを置き換えても、面白いかもね。え、まんま?みたいな感じ。しかしあのあほみたいな大統領選挙からもうすぐ次の選挙だな。。。思えばひどい四年間になってるかも。戦争だらけだった気がする。今度はもうちょっとまともな人が選ばれる様に願う。

相方と話していたのだけど、日本にはマイケルムーアくら気骨のある、ジャーナリストはいないかな?北野武?ジャーナリストではなく、タレントか。。。でも誰でもいい。世の中全体をしっかり見渡せる視野、客観性と主観性のバランス感覚もってしゃべったりリサーチできる人がいないかな。テレビ会社にいたら社会批判なんてできないよね。じゃあ何のためのメディアだ?
(っていいつつ、自分の部屋にテレビがない俺は何を言う〜)

アーティストでもジョンレノンくらい社会現象を起こし、世界を巻き込む程の話題を作れる力を持った人。。。
視野、行動力、頭の良さ、表現力の豊かさ、人間性、優しさ。そういった要素を備え、力を持ってしまった決して「善」とはいえない者や社会に対して対等に戦える。そしてそれを大衆に知らしめ、解らせ、導ける人。そういう人が今欲しいな。。。もはや政治家には期待できないし、社会現象を起こして、逆に政治家や社会を動かしていくしか無いような気がする。ある種の宗教か?それは。。。

自分としては、今表現の力を高めていくこと。。。人の心に入り込める作品作り。自分は頭が良いとは思わないし、よく判断を誤ってしまうこともあるけど、社会や周りに流されず、自分の目と思ったことを大事にして社会や人、それらの構造へアプローチしていきたい。今は表現力を身につけるときかな。もちろんそのための中身も大事にしつつ、いずれ出れるところへ出て行ける様にしたい。
今はマスで作品やパフォーマンスを見てもらえないけど、いずれ多くの人に見てもらえる機会が作れる様にして、ガツッと表現でモノを言ってやる!

って映画とはあまり関係ない話になったけど、そう思ってみた今日この頃でありんした。
by michiyuki917 | 2004-09-04 21:11 | Review
ついに八月
今日は一日で、映画の日だったので、
六本木ヒルズのバージンシネマで、ディープブルーを観ました。
頭を空っぽにして、純粋に観ることの没頭しました。
都会での生活はなかなかいろんなことを考えてしまうけど、
ぼーっと見て、すっきりできる映画で良かったです。
映像もとても美しく、見れる世界も良かったです。
後半は、あまりの心地よさにうとうとしたけど。(笑)

八景島で見たイルカと違い、生き生きと泳ぐイルカや、
他の海の生き物たちに見とれてしまいました。

その帰りに、麻布十番を渋谷よりに行った方にある、
BABBIでアイスクリームを食べました。
これがまたムッチャクチャ美味くて、とろけました。
イチジクと、ピーチ、それにチョコチップを一気でした。
チョコの店だったけど、フルーツ系がやばいです。

============================
2004年08月02日
01:37
遊透

deepblueを見に行く約束をしてあります
楽しみだー
wataridoriも好きだし、コヤニスカッチィなんかも好きなんです

ひかくてき最近、水面下20mの珊瑚の草原をたゆってから、心は海につながったままです

八景島もいってみたいなと、未知くんの日記に想いました


============================
2004年08月03日
04:07
michi

どうもです。
WATARIDORIやコヤニスカッチィは僕も好きですよ。
僕も海に最近妙に惹かれています。
っというか、イルカ、クジラに異常に惹かれてます。

今度は小笠原へ行ってみたいと企みます。

八景島へ行ったら感想聞かせて下さいね。

============================
2004年08月03日
22:52
アッツミ−

とある昔にジョン・C・リリーというアメリカ人脳科学者の
イルカ交信記を読んでハマった。

彼によるとイルカやクジラ達は、
今から500万年前から人間とほぼ同レベルの知性を有し
音や歌のみで成り立つ文明を築いて来たそうだ。
そして彼等の歌にはその500万年分の知識が
圧縮されて口伝されているとの事で
リリー氏はイルカ達に人間の言葉を覚えさせようとし、
また彼等の言葉を解読する研究をしていた。
それが事実かどうか分からないけど
イルカ達に会うと、不思議とそう考えてしまうような
何かが備わって居るように感じる。

ディープブルー、関西ではロードショーして無いのか!?

============================
2004年08月04日
11:07
michi

関西でも上映していたと思うよ。
イルカやクジラとコミュニケートできたら、
いったい何を語り合うのでしょう?

============================
2004年08月05日
00:01
アッツミ−

そうだな〜
とりあえずアトランティスの財宝はどこにあるか
教えてもらおうかな〜。。。
by michiyuki917 | 2004-08-02 01:23 | Review
茶の味
先週末、茶の味という映画を見てきました。
そこの中の音楽がとにかく楽しすぎて、
今そのサントラをヘビーローテーション中です。
「山よ」最高です。

渋谷のシネマライズでやっているのでチェックしてね。

音楽以外にも、それぞれのキャラクターにやられます。
日常に退屈していたら、カンフル剤としていかが?
by michiyuki917 | 2004-07-26 00:27 | Review
四谷怪談
今日上野の博物館の中にある、表慶館という古い洋館で、四谷怪談の芝居を見てまいりました。山の手事情社の役者さんが二人でていたのと、ロケーションに惹かれて行ったのですが、一言でいうと、「良かった」
最近芝居ではなかなか良いのに巡り会わなかったので、久々に楽しめました。
ただ、前売りは全て完売してしまい、出演者の方にお願いしても、当日しか駄目なようで、頑張って当日をゲットするべく開演よりも大分前に会場へ。当日券は問題なく変えたのですが、やはり立ち見・・・。

でも四谷怪談を現代的に、またこの洋館の時代にあわせて演出しているようで、その辺の計算が凄く良くできていました。建物の持つ、音の響きや、作りをうまく利用し、淡々と進めているようで、かなり上手いテンポで見せてくれました。音楽とか一切ないのだけど、ちょっとした効果音だけを、建物の響きと合わせたり、役者の地声を上手く効果音として使っていたりと気が利いていた。
役者さんの動きも山の手事情社的だと思っていたら、元演出助手だった人が、演出をしていたらしく納得。でもそれを上手く活かしつつ、全体に分かりやすく、コントロールしていた。

7日の水曜日に追加公演も決まったようなので、残り数日、予定が合えば是非観に行ってみてください。
http://ort.m78.com
by michiyuki917 | 2004-07-05 03:48 | Review
ベジャールの「魔笛」
本日五反田のゆうぽうと簡易保険ホールへ行って来ました。
全体として思うことは、入り込めない。。。でした。

役者のスキルや、表現力は確かに素晴らしいのですが、
踊りがあまりにもバレエ過ぎてしまい、
踊る意味や、意図を感じることが難しかったです。
基本的に魔笛のオペラを全曲やっていたのですが、
音楽はカラオケを流してスピーカーから出していて、
方や舞台からはダンサーのステップを踏む音が生で聞こえる。
その生の音が妙に耳についてしまい、醒めてしまう。。。
この状態で舞台をOKして進めてしまったのは誰だ!?
バレエにしては前衛的な表現をしているのかもしれないが、
僕から観るとどっちつかずな感じで中途半端さが否めない。
せっかくの魔笛という素晴らしい題材が生きてなかった。
先日弟のミュージカルの舞台を観ても思ったのだが、
何を見せて伝えたいのかが分からないと言うか、
それを見せてもしょうがないだろ、ッというモノを出しちゃう。
バレエをやってます、ミュージカルをやってますって。。。

ベジャールが振りをつけた当時は斬新だったかもしれないが、
今それをそのまま見せるには無理があるのかもしれない。

最近日本だけでなく、ヨーロッパでも素晴らしい舞台を観て、
半端なモノでは物足りなくなってきているのかもしれないが、
チケットの値段が15000円〜と言うことを考えると、
見せ方、演出にはそれなりのモノが欲しい。。。

帰り際、多くのお客はそうとう満足して帰っているようでしたが、
何故か納得できず会場を後にする私だったのでした。。。
やはり、日本人は歌舞伎や水戸黄門のように、
お決まりを見れれば納得してしまうのかな。。。?
かなり期待していただけに、ちょっと残念でした。

なんか、かなり辛口なコメントになってしまった。
でもきっとこれは贅沢な悩みなんだろうな。。。
2004年06月25日
17:45


============================
mina
た・・・たかっ!

残念だったねー
でもmichiくんの「目がこえた」って事でしょ。
いえい。
2004年06月25日
22:43

============================
michi
あ、僕かなり誤解を恐れずに書いてしまったけど、
やはり海外から連れてくるだけはあって、
ダンサーのレベルとかは凄くて、日本では見れない感じですよ。
ただ、求めている物が無かったって言うだけです。。。

でも世界って言っても広いし、色々な表現や価値観がある。
人に見せるモノを作る上で、その辺のコントロールってのは、
一番難しくて障害になるし、逆に挑戦しがいがあるな。

取りあえず志としては、そういう意味で世界のアーティストに、
負けないで居たいとおもうのでありました。(笑)
いや、本気で先を行けるようになりたいな〜。頑張る!
by michiyuki917 | 2004-06-25 11:04 | Review
明日は 明日は 明日は 明日は
モーリス・ベジャールという人の、「魔笛」を見てきます。
魔笛といってもオペラではなく、バレエなのです。
最近ダンスにはまり気味なので、かなり楽しみです。
世界レベルを堪能してこようと思っています。

ちなみに、先週の金曜日には、「ラ・ラ・ラ・ヒューマンステップス」を見に行ってきました。
超高速バレエというだけあり、かなりのスピードでしたが、ずっと同じことを繰り返していたりしたので、だんだん慣れて、飽きが来てしまった。。。
やっぱり全体の構成というのはとても大事だと思いました。すごければいいのかというのではなく、お客の心を動かすようなコントロールも出来ないとだめですね。
でも音楽は生楽器と生歌でやっていて、それはかなりよかったかな。生の力強さはカラオケとはぜんぜん違いますね。
by michiyuki917 | 2004-06-23 11:00 | Review