人気ブログランキング |
<   2004年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
昨日
学生の頃から十年近いつきあいになっているオサムと、
色んな縁から知り合った真理子さんの披露宴パーティに行ってきました。
二人は、俺がクラブでVJをしているときにお互い来てくれて、
三人でそのクラブで焼き鳥や日本酒を飲んでいるときに初対面。
俺がVJをしに行かねばならず、席を離れている間も、
二人はしゃべり続けていて、意気投合?俺は寂しくVJ。
俺がほったらかしたらしいが、実は俺がほったらかされて居たと思う。(笑)

でも二人が今とても幸せそうに居てくれるので、嬉しいことです。
これからも末永くお幸せに!!!
ps.今度写真をアップしちゃおうかな〜。

============================
2004年06月28日
18:08
mina

キューピッドmichiくん

本当幸せ満開だったね〜
minaはでかくアップしちゃったよ(笑

============================
2004年06月28日
22:37
osamucom

サンキューピッド!!

============================
2004年06月28日
23:10
michi

ごちそうさまです。
俺も画像アップしちゃおうっと。

============================
2004年06月29日
11:03
マリッタ

キューピットって別名「エロス」って知ってた?
本当にどうもありがとう!

============================
2004年06月29日
23:00
michi

うん。
えっと、そこに何か意味が・・・^^;
え、えろい?

まあどういたしましてってことで。
by michiyuki917 | 2004-06-28 15:40 | Happening
ベジャールの「魔笛」
本日五反田のゆうぽうと簡易保険ホールへ行って来ました。
全体として思うことは、入り込めない。。。でした。

役者のスキルや、表現力は確かに素晴らしいのですが、
踊りがあまりにもバレエ過ぎてしまい、
踊る意味や、意図を感じることが難しかったです。
基本的に魔笛のオペラを全曲やっていたのですが、
音楽はカラオケを流してスピーカーから出していて、
方や舞台からはダンサーのステップを踏む音が生で聞こえる。
その生の音が妙に耳についてしまい、醒めてしまう。。。
この状態で舞台をOKして進めてしまったのは誰だ!?
バレエにしては前衛的な表現をしているのかもしれないが、
僕から観るとどっちつかずな感じで中途半端さが否めない。
せっかくの魔笛という素晴らしい題材が生きてなかった。
先日弟のミュージカルの舞台を観ても思ったのだが、
何を見せて伝えたいのかが分からないと言うか、
それを見せてもしょうがないだろ、ッというモノを出しちゃう。
バレエをやってます、ミュージカルをやってますって。。。

ベジャールが振りをつけた当時は斬新だったかもしれないが、
今それをそのまま見せるには無理があるのかもしれない。

最近日本だけでなく、ヨーロッパでも素晴らしい舞台を観て、
半端なモノでは物足りなくなってきているのかもしれないが、
チケットの値段が15000円〜と言うことを考えると、
見せ方、演出にはそれなりのモノが欲しい。。。

帰り際、多くのお客はそうとう満足して帰っているようでしたが、
何故か納得できず会場を後にする私だったのでした。。。
やはり、日本人は歌舞伎や水戸黄門のように、
お決まりを見れれば納得してしまうのかな。。。?
かなり期待していただけに、ちょっと残念でした。

なんか、かなり辛口なコメントになってしまった。
でもきっとこれは贅沢な悩みなんだろうな。。。
2004年06月25日
17:45


============================
mina
た・・・たかっ!

残念だったねー
でもmichiくんの「目がこえた」って事でしょ。
いえい。
2004年06月25日
22:43

============================
michi
あ、僕かなり誤解を恐れずに書いてしまったけど、
やはり海外から連れてくるだけはあって、
ダンサーのレベルとかは凄くて、日本では見れない感じですよ。
ただ、求めている物が無かったって言うだけです。。。

でも世界って言っても広いし、色々な表現や価値観がある。
人に見せるモノを作る上で、その辺のコントロールってのは、
一番難しくて障害になるし、逆に挑戦しがいがあるな。

取りあえず志としては、そういう意味で世界のアーティストに、
負けないで居たいとおもうのでありました。(笑)
いや、本気で先を行けるようになりたいな〜。頑張る!
by michiyuki917 | 2004-06-25 11:04 | Review
久々の雨
梅雨らしさがもどってきたようだな。
でも、最近大きなイベントをやっと終えたので、
今の雨は、クールダウンにはイイ感じ。。。

雨を見ながら思うのは、
やはり舞台方面へまた進み出そうかな〜っていうこと。
親父の血のせいかもしれませんが、
やはりそこには色々な魅力が潜んでいますね。

人を驚かせたり、感動させるのはかなりスリリング。
しかも、昔は舞台の上で、歌ったときも有った。。。
たまには歌うのも良いかもと思ってしまう。^^;

今って色んなことを伝えるのが難しい時代だけど、
本当に大事なモノを伝えようとすることを、
アーティストとしてのモチベーションにせねば。

ん〜、しっとり。。。

============================
ふけちん
伝えるのが難しい時代、って、
受け手の問題?それとも発信側?

これ、今の私の課題でもあります。
問答したい!
============================
michi
両方の問題だと思います。
その情報や価値観も色々と有るので言い方は難しいのですが、
大きく二つにわけて情報源を考えていくと、
日々の生活の中に有る情報とアーティストが発する情報(表現)。
双方にも同じようなことが言えると思います。

日々の情報というのは、テレビ、雑誌、新聞はじめ、
あらゆる所にある広告等、おびただしい広告。。。
情報過多になっているのは言うまでもない事実。。。
受けても送り手も、そこにエネルギーをかけて、
疲れてしまうと言うか、訳が分からない状態。
送り手は差別化や、インパクトを与えることを考え、
それ以上に、売れること、ビジネスのことを考える。
受けてはあまりの情報の多さに、選択能力や
主体性を失って、流されてしまうようになってる。

で、アートやアーティストなのですが、
上の情報過多や日本の豊かさはとても関係するけど、
僕らが発する情報がマスメディアや、広告媒体と
同じ位置に感じられるようになってきてること。
単に選択肢の一つというか、ステータスというか。。。
アーティストが表現者で居る必要性や、
何かを伝えようとすること、伝わる関係が難しい。

情報にみんなが慣れ過ぎちゃったのかな?
でもこういうときだからこそ、ちゃんと伝えることって、
大事になる気がするんですよね。

表現を受け取る感性というのは、お勉強ではなくて、
自分で見て、感じて、考えて育つモノであって、
お勉強をし過ぎると、それはつまらなくなるんだよね。
日本はお勉強をし過ぎていると思う。
美術館へ行っても勉強しなきゃ行けない。
それではそこにある楽しさや、奥行きは伝わらなし、
子供や勉強嫌いの若者がどんどん離れて行っちゃう。
美術館は、良くある説明なんか無くても良いと思うな。
この間ドイツへ行って、そんな説明無かったし、
(有っても読めなかったか)必要を感じなかった。
でもそれで良いじゃんって思いました。
広くて素敵な空間で、自由に色んなアートを見て、
喋って、写真撮って、感じて。。。(写真撮れるんだよ!)
日本もこうなると良いな。
2004年06月26日
21:55
============================
ふけちん

んんん。

人間は、腰ミノの時代は一日4時間働けば、飯がくえたそうな。
20年前の2000倍の情報が、我々の元に毎日舞ってくるそうな。
20年前の1/20の栄養素しかない食品を食べているそうな。

そんな、忙しく、豊さに欠ける時代に
>表現を受け取る感性というのは、お勉強ではなくて、
>自分で見て、感じて、考えて育つモノであって、
これを育てられる「人間の器」を
我々の世代は育てられるのだろうか?

============================
michi
育たないと、将来的に恐いな〜。
すでに色々と不安を覚えることもありますが、
別に悲観してあきらめるのではなく、
そこにエネルギーを注げることが、
新しい可能性になりそうで、楽しいかもね。
by michiyuki917 | 2004-06-25 11:01 | I think
明日は 明日は 明日は 明日は
モーリス・ベジャールという人の、「魔笛」を見てきます。
魔笛といってもオペラではなく、バレエなのです。
最近ダンスにはまり気味なので、かなり楽しみです。
世界レベルを堪能してこようと思っています。

ちなみに、先週の金曜日には、「ラ・ラ・ラ・ヒューマンステップス」を見に行ってきました。
超高速バレエというだけあり、かなりのスピードでしたが、ずっと同じことを繰り返していたりしたので、だんだん慣れて、飽きが来てしまった。。。
やっぱり全体の構成というのはとても大事だと思いました。すごければいいのかというのではなく、お客の心を動かすようなコントロールも出来ないとだめですね。
でも音楽は生楽器と生歌でやっていて、それはかなりよかったかな。生の力強さはカラオケとはぜんぜん違いますね。
by michiyuki917 | 2004-06-23 11:00 | Review
BankART 1929 Yokohama
19日の土曜日に、かなり大きくて、レベルの高いイベントに出演した。
他のミュージシャン、ダンサーもかなりのレベルでパフォーマンスをするので、
自分も負けじと寝ずに仕込みを積み重ねてやってきた。
その甲斐あってか、かなり自分の創った映像空間は評判がよく、
こういうことが、仕事としてやっていけるといいな。

緊張したけど、かなり楽しくパフォーマンスできたな〜。
またやりたい場所と、アーティスト達でした。

BankART 1929 Yokohama_b0046388_240134.jpg
BankART 1929 Yokohama_b0046388_2404935.jpg
BankART 1929 Yokohama_b0046388_241942.jpg
BankART 1929 Yokohama_b0046388_2413276.jpg
BankART 1929 Yokohama_b0046388_244597.jpg

by michiyuki917 | 2004-06-21 17:20 | Event / Live