人気ブログランキング |
<   2004年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧
今夜渋谷でやってます
下に告知した内容ですが、
今夜もし来れる人は連絡もらえればディスカウント取ります。
出来れば携帯の方へ五時までに連絡下さい。

今年最後に飲んで踊って楽しみましょう!
by michiyuki917 | 2004-12-30 11:35 | Information
今年最後のパフォーマンス
今年最後であろうイベントのご案内です。
30日の夜から大晦日の朝にかけてのパーティ。
蟲の響クルーも沢山参加していますし、愉しい一夜になると思います。
僕も映像演出で参加していますのでお楽しみに。

==================================================
dp products presents
[β-waves TR-204]
Date: December.30th.(Thu).2004
Venue: CLUB49 (Shibuya)

Guest Live:
CHAMAR(TAO/breath/TOD AQUARIUM REC./JP)
Guest DJ:
Tom Tyler(STROMBA/FatCat Rec./D.C. Recording/UK)
2nd Floor DJs:
Daisuke(森羅/dp products/蟲の響), Hit(dp products/XBC), EDDY(U.G.P/dp products), Harvey Tyler(UK)
3rd Floor DJs:
no.9(Locust Music/蟲の響), momi(Heavens Door/蟲の響), U(Buzzland/蟲の響)
VJs:
michi(http://michiyuki.net), Tanachu(蟲の響), Yamachi (MOTIONIX)
Deco:
百花(Moka)

Entrance Fee:
3,500yen/1D(door), 3,000yen/1D(with Flyer or web-Flyer)
Information:
CLUB49 (Shibuya)
http://club49.jp/
dp-products website
http://www.dp-products/jp

*ご来場者先着20名様に限定[β-Waves Mix CD]をプレゼント。

いよいよ12月30日(木)にdp products presents [β-waves TR-204] が開催されます!昨年、一昨年と過去2回に渡りdp products crewを中心とした様々なジャンルで活躍するアーティスト、DJを招き繰り広げられてきた[TR]シリーズ。第3弾となる今回は場所を渋谷CLUB49に移し2フロア構成でアーティスト、DJ、映像、計12組によるイベント!UKよりNinja Tune、D.C. Recording、更に現在自身のユニット[STROMBA]を核にもつアーティストTOM TYLER(STROMBA/FatCat Rec/D.C. Recording/UK)、そして昨年のTR-2003にも出演し、現在New Album製作中のアーティストCHAMAR(TAO/breath/TOD AQUARIUM REC./JP)、更に先月11月に3rd Album [micro films]をリリースしたno.9(locust music/mushi-no-ne)をゲストに迎え、またDJではDaisuke(森羅/蟲の響), Hit(XBC) and DJ EDDYのdp products crewをはじめOpen Air Party[蟲の響]より U, momi。そして今回初アクトとなるTom Tylerの実兄、Harvey Tyler等2004年の最後を飾るにふさわしいラインアップになっています!

12月30日、どうぞお楽しみ下さい!


by michiyuki917 | 2004-12-26 11:34 | Information
メリークリスマス
皆さんはどんなクリスマスを過ごしているのでしょう?
僕はなんだかんだと忙しく動いておりました。
(なもので、なかなかブログもアップできずに居ました。。。)
特にイブはダブルヘッダーでパフォーマンスがあり、
終わってから朝まで軽く?打ち上げで飲み。。。

まあ、今年を象徴しているようなクリスマスでした。
詳しくはそれぞれのレビューをご覧下さいませ。

しかし、12月って言うのは本当にあっという間。
その分色んなモノも凄いスピードで進みます。
気づけば年末、年賀状はどうする?ってかんじ。。。
ん〜、今からでも印刷へ発注を出すか、
それともプリンターを購入して刷りまくるか?
う〜ん、自分のコトをする時間が全くない。^^;
今年も残すところ後一週間。(もないけど。。。)

30日には渋谷のクラブでイベントに出演します。
場所は昔FULAと言っていたところで、club49。
時間は22時〜朝までやっていますので、
今年最後に一緒に盛り上がりましょう!詳細は追って!

ビバ!師走〜〜〜〜!
by michiyuki917 | 2004-12-25 00:00 | Happening
あがた森魚ライブ@新宿ArtPlace
イブの仕事第二弾としていった新宿。出来たばかりの新しい箱で、窓には水が流れていたりと、ちょっとしゃれた所。椅子やテーブルを並べると50席くらいしか作れないだろうか。お客も立ち見が出るくらい集まりました。

あがた森魚さんは知っている方も多いと思いますが、昔から音楽をされ、最近では映画も撮るなど、精力的に活動されている方です。音楽は懐かしさと哀愁、そして暖かさのあるフォーク、ロックといった感じ。お客の年齢層も予想を裏切るくらい若い人が多かったのが印象的でした。中には地方から駆けつけた人も居たようです。

僕はVJとして呼ばれていましたが、やはり通常のVJではなく、空間トータルでの演出をさせて貰いました。色々とエッセンスを加えながら空間を作り、お店の人にも好評で質問を色々された。でもお店の人もみんなゆるくて人の良さそうな感じのメンバーで好感度高い。
でも 僕自身もこういった音楽での映像は初めてでしたが、結構楽しかったし、悪くないんだな〜っと実感。みんなからも好評を頂き、イブに大荷物を抱えて行った甲斐がありました。^^;
そのあとは、軽く一杯のつもりで、居酒屋で打ち上げ。まあ、軽く一杯になるはずもなく、終電はとうの昔。まあ、あの荷物を考えるとタクシーだなっと途中から開き直り、呑む!
だけど、さすがに連日の仕事とイベントで既にからだが悲鳴を上げだしていたので、みんなより早めにリタイアさせて貰った。っといっても三時前くらい。きっとメンバーは完全に朝まで飲んでいたのだろうな。(笑)

出逢いもあり、こういう感じは久しぶりだな〜って思いました。いや今回も愉しかったです。
あがた森魚ライブ@新宿ArtPlace_b0046388_2191395.jpg
あがた森魚ライブ@新宿ArtPlace_b0046388_2193460.jpg
あがた森魚ライブ@新宿ArtPlace_b0046388_2201424.jpg
あがた森魚ライブ@新宿ArtPlace_b0046388_2211431.jpg

by michiyuki917 | 2004-12-24 23:00 | Reports
保育園プロジェクト@麻布
seedsという子供を相手に素晴らしいアートやパフォーマンスを提供する企画があり、僕もそこで映像を通して子供達と触れ合ったりしています。今は二人の写真家の作品を僕が映像化し、それに物語を付けて、ライブで子供達に語りかけていきます。
今回は麻布にある保育園で二回目の訪問になりました。

最初に世界中の人の写真を撮っている須藤尚俊さんの子供の写真を使ったモノを上映。見ている保育園児達とあまり変わらない子供達。自分たちの知っている子供の世界とは違う子供の姿。ある子供は労働をし、ある子供は見たこともない動物と暮らしている。また、不思議な衣装を身に纏っていたり、土や木の家に暮らす人々。そういった未知の世界と、自分とは違う肌や文化を子供なりに感じ取っていく。保母さん達にも何で?何で?っという疑問をそれぞれぶつけたりしていました。黒人の子供の写真には「何で黒いの?海だと日焼けするから黒いんだよね?」とか、想像力を働かせてくれていました。

次にku-kiのイベント以来お世話になっている、内藤忠行さんの動物の写真を、シマウマの子供を主人公にしたお話し。動物達は普段彼らが動物園目にするのとは違う野生の動物。だだっ広い草原や、そこに多種多様な動物か同じ空間で共生している。檻の中で飼われているのではなく、自然の中で生を全うしている姿に子供達も目を光らせる。上映中も「カバー」「キリ〜ン」「ライオンだ〜」等声を上げて映像に反応する。

この後、子供達に手作りで作ってもらった楽器(シェーカー)を使って音遊びと、動物の物まね。画面に次々に現れる動物の動きをみんな想像で付けていく。パーカッションの本庄さんがさらに動物のイメージで音を付け、子供達はノリノリになっていきます。カバの時は子供達も床をはいつくばって泳いで見たり、キリンになると精一杯手を上に伸ばして大きくなってみる。ゾウの時は全身の体重をかけて足踏みをするなど、それぞれ楽しそうに表現していました。

最後には本庄さんがサンタのように大量に持ってきた様々な楽器を自由に触り、みんなでフリーセッション?子供達は初めて触る楽器(おもちゃ)に大喜び。全身全霊をかけて音を出そうとします。ん〜、恐ろしいほどのパワー。でも、そういう時間になると子供達それぞれのキャラクターがかいま見えてきます。積極的に触る子が大半の中、物怖じする子、遠くで見ている子など、子供ながらに色んな表情をしたり、考えている様子を見ました。子供といっても色んなコトを考え、その小さな社会の中でも微妙な関係を持ったり、大人以上に感受性が高いが故の苦労を感じました。そういうのを一つづつ乗り越えて、自分が育っていくのでしょうね。そういうの関係が良いか悪いかではなく、そういう状況に子供が直面することが大事なんでしょうね。

終わってから、園長先生や保育士の人たちと色々と話しました。その中で沢山の大事な話をしたように思います。今の大人でも人との関係を怖がる人が多いけど、そういうのも子供の時に人と接する機会がどれだけあったかが関係していたり、どんなモノを与えられたか、与えられなかったか?必要な手助けとそうでない手助け。子供と接することは、社会と接することだな〜っとも思いました。子供を通して見えてくる現代の日本というのがあります。

子供からは与える以上に、与えられるモノが多いな〜。むしろ与えられっぱなしかもしれないね。(笑)特に、何故?って思うことの大切さ。それがあるか無いかで、生きる力もかなり変わるように思う。
何故?どうして? 知りたい、感じたい、近づきたい。好きだ、嫌いだ。そういうのが人間という生き物が生きていくパワーなのかもしれないな。
保育園プロジェクト@麻布_b0046388_222248.jpg
保育園プロジェクト@麻布_b0046388_232657.jpg
保育園プロジェクト@麻布_b0046388_24788.jpg
保育園プロジェクト@麻布_b0046388_243466.jpg

by michiyuki917 | 2004-12-24 12:00 | Reports
クリスマスイブ〜年末にかけて
何故かイブに二つ仕事が入っております、私です、はい。。。
一つは以前よりやっている保育園、幼稚園にて、園児にアーティストの作品を映像化して見せたり、ミュージシャンの音を聞いたり、みんなで音遊びしたりというもので、俺が保育園(幼稚園)プロジェクトと呼んでいるモノです。
クリスマスイブってことは、そういう準備は必要なのかな。。。^^;

その幼稚園児を相手にした後は、新宿に新しくできたライブスペースであがた森魚さんのVJをやることになりました。今日下見をかねて会場へ行き、ご本人ともお話しさせてもらいましたが、とても素敵な方で本番が楽しみです。クリスマスライブっていうこと以外あまり良く分かっていないのですが、都合付けばいらして下さい。
2004年12月24日(金)イヴの夜、新しいスペースでライヴを行います。お楽しみに。

あがた森魚 EVE with MARBLING BILLY
演奏:itoken (Per.) 近藤泰次 (B.) 渡辺ゆきこ (G.,Cho.)
open 19:30 start 20:00
charge adv. \ 3,000/door \ 3,500(+Drink \500)
at Shinjyuku Art place
info:Shinjyuku Art place(phone:03-5368-1599)
あがた森魚さんのページ

それから、年内の最後は30日に渋谷のクラブでオールナイトが控えています。以前Furaというクラブが有ったのですが、そこがお店が代わりお洒落になったclub49というところ。そちらの詳細はこちらですので、こちらでも2004年の最後をみんなで盛り上がれたらと思います。俺はもちろん通常のVJはしませんよ〜。
dp products website

でもって翌日の大晦日には大阪の祖母の家へ急行する予定。。。新年の仕事始めは4日より。もうちょっと正月はゆっくりしたい。。。
by michiyuki917 | 2004-12-16 01:40 | Information
洞察ノ放ツ衝動
先日のBankARTで種子田さんと共演されたJOUさんが出演するダンス公演へ行ってきました。全部で四組のパフォーマンスが神楽坂の狭いスタジオ(ディプラッツ)で繰り広げられる。公演全体としては良くも悪くも、ユーモア?のある踊りだった様に思いました。

全体的にはいまいちだったのですが、お目当てのJOUさんの踊りはやはり目を引くモノがありました。女性三人と男性一人の構成で、他のダンサーも実力がある。特に女性のダンサーは身体的にもJOUさんにひけを取らない長身で手足が長く、それを活かす柔軟性と筋力を持っていました。作品としても完成度は他のモノよりはるかに高く、ちゃんと作られていました。
ただ、これは全体に言えることだけど、音楽が面白くなさ過ぎる。家でCDをかけながら踊っているような感じになる選曲で、それとダンサーの生の肉体がどうにも調和しない。種子田さんも来られていたのですが、やはり何でこんなに音がつまらないのだろうと。。。色んな意味で、もったいないと思いました。ダンサー達がせっかく緊張感ある踊りや表情を見せているのに、音の薄さにいまいち力が入らない。せめて聞いたことのない様な曲をセレクトして欲しいな。。。知ってる曲が流れると、何かな〜って感じがしてしまう。

空間に緊張感を与えるというのは全てにおいて意識する必要が有ると思う。音楽を無理に使う必要はないし、使うのなら踊りに見合う、必要性を感じさせるモノで有って欲しい。何かが無ければいけないというのは捨てていかないとね。。。何を伝えたくて、その為には何が必要で、何が必要でないか?

俺も必要でないモノが沢山あるな。。。^^;
by michiyuki917 | 2004-12-16 01:11 | Review
おや?
11月をピークに、12月は割とゆっくり出来るかも?
って思っていたのに、まったくそんなことはなく、
スケジュールは埋まり、逆に11月を凌駕する忙しさ。。。
う〜ん、どうなっているんだ。。。

メールとかなかなか返信出来なかったりするけど、
ご容赦下さいませ。。。

24日には二本イベントをこなさねばならない。。。
でもって来年になると仕事がやばくなりそうで、
休みが思うように取れないかもしれない恐怖。。。

いまからちょい不安です。
この間の麗心や結婚式の写真もアップしたいのに。。。
by michiyuki917 | 2004-12-15 10:14 | Happening
始まったものに終わりはない
昨日知り合いが出演している舞台を見てきた。
http://www.saistudio.net/html/studio_performance_vol13.html
小竹向原に有るサイスタジオで、四人の役者による公演。
四人それぞれは素晴らしい実力者揃い、期待大!

舞台が始まると、それぞれの個性と力を発揮し、
良い緊張感を見せ始めてくれた。おお、良いのかも?
っとおもったが、次第にどうも違和感を感じ出す。。。
この舞台はそれぞれのやりたいことを集めたような感じで、
どうも、目指すビジョンや、舞台の流れというモノが無い、
演出家不在のためであろう、この構成はちょい辛い・・・?
これだけの役者がそろって、良い演出家がいれば・・・
そう思わずにはいれない舞台であった。
映像も使われていたりしたのだが、入れたかったのかな?
っていうかんじで、それほど全体とは関係が見えない。
それぞれのレベルが高くても、トータルでのコントロール、
演出という、観客への視点というモノは必要だろう。
僕も他のアーティストとコラボレートする機会が増えたが、
そういった視点やバランス感覚の必要性を再認識。

もったいない舞台でした。。。
タイトル通りに終わりはなく、
じっくりと、ちゃんとした作品作りをやって欲しいな。
by michiyuki917 | 2004-12-13 11:12 | Review
またも麗心ランチ
土曜日の麗心のランチは平日よりもちょっと贅沢。
値段も1000円→1500円になるのですが、
その代わりデザートが付き、おかずも良い感じ。

この日のメニューはこちら
・牡蠣豆チイの炒め
・ワタリガニ葱の香揚げ
・若鶏陳皮煮
・鶏すり身と春雨、キクラゲのスープ
・ご飯は白米or紅きび入りご飯orお粥
・デザートは愛玉子ゼリー

またも麗心ランチ_b0046388_1024767.jpg













またも麗心ランチ_b0046388_10244233.jpg













またも麗心ランチ_b0046388_10252319.jpg









サイドオーダーで杏子と何かのスムージー

またも麗心ランチ_b0046388_1025148.jpg









ん〜、本当にヘルシーで美味しい。
疲れていた身体もこれを食べると元気になります。
by michiyuki917 | 2004-12-11 10:12 | Delicious